トラブル

3

突然のトラブルに備えることは難しいといえます。
もちろん、トラブルを事前に考え、対策を練っている必要があります。
保険などは、あらかじめトラブルが起きた際に、被害を少なくすることができます。
しかし、多くのトラブルは事前に予測すること自体が難しいものです。
相続に関するトラブルもある日突然やってくるものです。
そのため、トラブルが起きた際は、事後に弁護士に相談するなどして解決することが必要になります。
ただし、遺言を残すことによって、いくらかトラブルを避けることができます。

相続は、さまざまな権利や義務を継承することをいいます。
相続のトラブルというと、亡くなった故人の遺産を分割する際のトラブルを指すことが一般的です。
ある日突然、家族が亡くなることは予測できるものではありません。
相続は、財産だけでなく借金も引き継がれることになります。
その額が大きい場合は、遺された人々の人生を大きく変えることになりかねません。

相続によって、遺産を継承する人を相続人、遺産を継承させる故人を被相続人と呼びます。
被相続人の死亡によって、自動的に開始されることになります。
特に申請などがなくても、行われることになります。ただし、相続人が複数いる場合は、遺産分割をする必要が出て来ます。
遺言がない場合は、配偶者や子供、両親の血族で相続が自動的に決まります。これらの人々を法定相続人といいます。
しかし、トラブルでは、血族が突然現れることも起こります。
相続遺産が多い場合は、トラブルが増えることがよくあります。

Comments are closed.